南メキシコの山岳地帯、オアハカ州にて完全無農薬で栽培されたアガヴェを使用し、何世紀も変わらない伝統製法で造られた、ごく僅かしか生産されない極上の手造りメスカルを製造しております。アガヴェ品種の違いを飲み比べる事ができるのはメスカルならでは、です。

 

Pierde Almas Espadin

 

最もポピュラーなアガヴェであるエスパディン(学術名 : アガヴェ アンゴスタフォリア)を使った一本。ほのかな薫製の香りとウッディなアロマ、ワイルドフラワーの香りが心地よく、バターのようなこってり感を持ちながら口当たりはオレンジやアップルのようなジューシーさを感じられます。