TV番組「クレージージャーニー」で採り上げられた日本人初のテキレロ、景田哲夫氏が携わる老舗蒸留所カスカウィンと天保12年創業の老舗酒蔵「聖酒造」とのコラボレーションによって日本初のテキーラを使った梅酒が造られました。シルエラはテキーラの「一気飲み」「二日酔い」といった、ネガティブなイメージを覆したいという思いのもと開発されたブランドです。

 

産地:メキシコ/ハリスコ州バジェス地方エル・アレナル地区、群馬県(梅)

蒸留所 :Tequila Cascahuin, S.A.(NOM 1440)

 

テキーラ梅酒 Ciruela 白ラベル

Ciruela White Label

 

テキーラの味わいと梅の風味を残す為、あえて3週間という短期熟成で度数が高めながら、テキーラに馴染みのない方が飲みやすいよう、甘口に仕上がっています。ロックやソーダ割で楽しめる他、テキーラ好きな方はストレート、あるいはカスカウィンブランコを追加する「追いテキーラ」でも楽しむ事ができます。

 

テキーラ梅酒 Ciruela 赤ラベル

 

テキーラ梅酒の第二弾。シルエラ「赤ラベル」は3か月熟成の原酒に赤城山の伏流水で加水調整をし、アルコール度数16度という、より梅酒としての品質でさらりとした飲み口の中にある梅の酸味と穏やかなテキーラの風味で、テキーラになじみのない方も飲みやすいようにさわやかに仕上げてられています。ロックなど、冷やしてお飲みいただくのがオススメです。